医療脱毛は永久脱毛で、体の全身脱毛することができます

医療脱毛は永久脱毛で、体の全身脱毛することができます

医療脱毛は専門の医師による施術が受けられる医療行為です。
一般的にエステサロンなどは専門の資格がなくても働けるので、医療行為には該当しません。

 

エステサロンが熱量が弱く、永久脱毛ができないのですが、医療脱毛はレーザーが毛根に直接照射することで、毛根を消滅させ、そこから二度と毛が生えなくさせることで、永久的な脱毛の効果があります。

医療脱毛したいな〜

色素沈着をしている箇所を除いて、体のほぼ全身脱毛が可能です。
女性のみならず、男性も美容に興味がある人が増えているので、男性顧客も増えており、男性の脱毛クリニックもあるくらいです。

 

レーザー脱毛は、毛の周期に合わせて、一か月か二か月に一度くらいのペースで照射を受けます。
一度レーザー照射を受けると、次第にポロポロと毛が落ちていくのが実感できます。

 

全体的に毛が抜け落ち、次の周期の毛が生えそろうまで待ちます。
それらの期間が個人差があるものの、一か月か二か月くらいです。
そして毛が生えそろったら、剃刀などで綺麗に剃り、二回目のレーザー照射を受けます。

 

これらの一連の行為を繰り返すことで、一つの部位の脱毛は完了するということです。

脇脱毛なら

脇ならば、一年で6回くらい、だいたい1年も通うようになれば、ほぼ脇全体の毛はなくなります。
脇は元々剛毛の人が多いので、レーザーと相性がとてもいいです。

 

レーザーは太くて濃い剛毛に強く反応する性質があります。
脇は毛の生えている範囲も狭いことから、レーザー照射にかかる時間も10分くらいで方脇は終わります。

 

痛さはゴムで強く弾いたときのようなもので、充分我慢できるレベルです。
皮膚が厚いので、脇はそんなに痛みのレベルは高くありません。

 

脇で回数は6回くらいで、ほぼ綺麗になります。
一度目の照射が終わると、次に受付で次回の予約をするといいでしょう。

 

クリニックによって、それは色々あります。

 

全身脱毛のコースがおすすめ

体の毛が全体的に濃い人は、全身脱毛のコースで予約されるといいでしょう。

 

一つひとつの部位でレーザー脱毛をするのも一つですが、腕や足や脇やVIOラインなど、さまざまは部位の脱毛を同時に考えているならば、値段を考え、全身脱毛コースをするほうが安いことが多いです。

 

脇は毛の生えている面積が狭いので、一回あたり、数千円で大丈夫なところがほとんどです。
ただ、脇は一番安く設定されていますが、太ももや背中などの毛の生えている面積の広い部位は、一回あたり数万円することもあります。
それらを回数として10回くらいだとすると、一つの部位で数十万円することになります。

医療脱毛したいな〜

何か所も同時に考えていると、単純に計算して、数十万円から百万円くらいになることもあります。
それならば、クリニックのコースなどで、体の中のどこでも5か所、回数は無制限で、三十万円の永久脱毛などと、キャンペーンをしているものをチョイスしてそれを利用するほうが経済的です。

 

クリニックは大都市のほうが、全体的に田舎よりは安いです。
田舎は、顧客の数が少ないので、クリニック自体の数もどうしても少なくなります。

 

その結果として、一回あたりの施術料金はどうしても高くなってしまいます。
都会はクリニックが充実していますし、駅の近くなど立地条件がいいと、安く提供しているところが探せばたくさんあります。

 

電車に乗ってでも、バスを乗り継いででも、ちょっと都会のクリニックに行くのが賢明な選択と言えるでしょう。

剃刀も毛抜きもどちらも一過性の脱毛行為

脇を永久脱毛すると、夏にとても役立ちます。
夏はどうしても薄着になることが多いので、脇は知らず知らずのうちに人から見られています。

 

ノースリーブやタンクトップ姿になることもありますし、何より海やプールに出かける唯一のシーズンです。
水着をかっこよく着こなすためにも、無駄毛の処理は欠かせません。

 

自己処理はその跡が汚いです。
剃刀だと剃刀負けをして肌を傷めることもありますし、デメリットが大きいです。

 

毛抜きは一本一本抜いていく作業がしんどいうえに時間がかかりすぎ、おまけに毛穴からばい菌が入り、衛生面でもいいと言えません。
毛抜きは毛根をおかしくさせる行為なので、毛の生えるサイクルも狂ってしまいます。

 

剃刀も毛抜きもどちらも一過性の脱毛行為でしかないので、すぐに短い毛が生えるので、精神的にもストレスが溜まってしまいます。

VIOラインこそ、医療脱毛

水着になる上で、脇と同様にVIOラインも綺麗に処理することが大事です。
元々毛が薄い人や、そんなに剛毛ではない人は、水着からはみ出るところだけを自分で処理すればそれで問題ありませんが、アンダーヘアが濃くて太い人はそうはいきません。

 

下着からヘアがこんもり盛り上がってしまうことがあります。
VIOラインはデリケートな部分であるために、自己処理では衛生面でも難しいことが多いのです。
アリシアクリニック
VIOラインこそ、医療脱毛で綺麗にするのが賢いチョイスでしょう。
Vラインはいわゆるビキニラインです。

 

太ももの付け根付近に生えている剛毛で、水着の面積が狭いと、必ずといっていいほどアンダーヘアがはみ出てしまいます。
毛抜きで抜いてしまうと、次に一つの毛穴から何本も生えてくる現象が起こったりします。

 

肌は赤く腫れることもあるので、レーザーがお薦めです。
Vラインは全体的に毛の量を少なく、毛の質を細くするのがお薦めです。全くなくすのではなく、残したいヘアのデザインをじっくり決めることが大切です。
後で全部なくしてしまって後悔することがないように気を付けます。
デザインは無難な形のものがベストでしょう。

VIO脱毛こそ医療脱毛で

Vラインと同じく、Oラインも忘れてはいけません。
Oラインは肛門付近のヘアのことで、自分では日ごろ見ることが少ないところですが、結構女性でも生えている箇所です。

 

排便などの際、どうしてもヘアが生えていると、衛生的に綺麗とは言えません。
でも、自己処理するのは大変な箇所です。

 

Oラインはまったく毛をなくすプランがお薦めです。
ツルツルになるととても気持ちがよいものです。

 

そして、Iラインも同様にたいせつな箇所です。
Iラインは女性器付近のヘアで、一番体の中でデリケートな箇所と言えるでしょう。

 

自己処理するのは本当に難しく、できれば自己処理は控えたほうがいい箇所です。

 

Iラインは毛をOライン同様、まったくなくすようにするのがお薦めですが、色素沈着している人もいるので、クリニックによっては、色素沈着している箇所はレーザーを当ててもらえないことがあります。

 

Iラインは、生理の時に経血が付着して毛と絡まってしまうことが多く、またタンポン装着の時に、毛を巻き込んでしまうことがあるので、ヘアはないほうが衛生的です。

 

毛がないと、生理が本当に軽く感じます。
このようにVIOラインを綺麗に整えると、水着などのかわいい下着をきこなすことも可能ですし、生理など女性ならではの現象が起きたときにも不快感なく過ごすことができます。

 

医療脱毛はメジャーな部位である脇はもちろんのこと、女性のデリケートなエリアであるVIO脱毛まで幅広く施術を受けることが可能です。
まだ一度も脱毛を体験したことのない方はまず、スポット照射をしてもらい、痛さを実感してみましょう。

 

そして、痛さに耐えられるのであれば、全身脱毛のほうがお得ならば全身脱毛のコースをチョイスしてみるといいでしょう。

 

それ以外の方は一つ一つの部位を永久脱毛してもらい、綺麗でスベスベの肌を手に入れるようにしましょう。
毛がなくなると肌も綺麗になるので美容的にもメリットばかりです。

クレアクリニック【新宿院・渋谷院】駅徒歩4分。

CLAIR CLINIC 永久脱毛